不動産売却の税件と売る時の税金の勉強

不動産売却時の税金

不動産売却時の税金不動産売却時の税金不動産売却時の税金

まずは売買契約書に貼り付けるための、印紙もあります。
抵当権設定の時であれば抵当権抹消登記の免許税がかかりますし、売却益が出た場合であれば不動産譲渡所得税が発生をします。
最初は何のことか、さっぱり分からないで理解するにも時間がかかったものです。
物件を売ってのいろいろなやりとりは仲介業者に任せるとはいえ、手離す側からしたら損はしたくはありません。
物件を売る時には売買契約書が必要になりますが、その記載金額に対しても、印紙税というのがかかるのです。
ここからもう、税金というはかかるものなのかと、改めて売るというのはお金がかかると実感をしました。
ただこの印紙税額というのは、売買契約書を交わして、その記載の金額で変わるものです。
物件が高く売れるのは嬉しいですが、すると記載金額も高くなって、それはつまり印紙税額もアップするということです。
補充契約書や変更契約書なども、軽減措置の対象になるので、ここはしっかりと押さえておくべき点でした。
すこし驚いたのですが、売買契約書に貼付する印紙の印紙税額は、節税できる税金であるということです。
売買契約書を1通ずつ、買主と売主が所有します。
そして各々で書面の印紙税を負担するのが一般的です。
原本の売買契約書を所持をしないのが売主なので、そのコピーで印紙税の節約ができることになります。

マンション 売却 | 中古マンションや一戸建て、土地など不動産の売買は住友林業ホームサービス